So-net無料ブログ作成
家電製品レビュー ブログトップ
前の10件 | -

【レビュー】AirPods Pro用のシリコンケース/ブラック [家電製品レビュー]

【レビュー】AirPods Proのシリコンケース・選び方・選ぶポイント・色・カラー・置くだけ充電は可能か?・Qiの充電はできるのか?・ケースの蓋がぴっちり閉じるか?・ケースを開けた時にシリコンケースのカバーが外れないか?◆





03AirPods Pro用シリコーンケース黒ブラック.jpg
 
AirPods Pro用 シリコンケースをAmazonで入手
 
 
  
 
 
選ぶポイントは、
①蓋がぴっちり閉じるか?
②Qiの置くだけ充電が可能か?
③ベタベタ貼りつかないか?
  
  
 
07AirPods Pro黒のシリコンケースサイド.jpg
 
背面のヒンジ部。こちら側を充電器に置きます。
 
ここが突き出していると充電されないので、適度に潰れやすいことがポイント。
 
 
 
表面はつや消しのマット仕上げのため、ベタベタした感触はありません。
 
 


12AirPods Proシリコンケース商品同梱品.jpg
 
箱の中身。ケースの横にフックがあり、カラビナを通せます。
 
 
 
04AirPods Pro用ケース内側.jpg
 
AirPods Proとケース
 
内側はツヤのある表面で、密着する設計
 
05エアポッズケース内側.jpg
 
蓋にケースをはめるところ
 
 
 
 
11AirPods Proシリコンケースの隙間.jpg
 
軽くはめただけだと、隙間ができます
  
 
 
 
シリコンを外側から手のひらで引っ張って伸ばします[ダッシュ(走り出すさま)]
 
 
  
 
 
06AirPods Proケースを開けたところ.jpg
 
ピッチリと入りました[わーい(嬉しい顔)]
蓋を開閉しても、ずれることはありません
 
シリコンケースの内側が少ししっとりしているので、
AirPods Proのケースと密着しているようです[手(グー)]
 
 
08AirPods Proケースライトニングケーブル接続部.jpg
 
ライトニングケーブルのコネクター部分
 
AirPods ProやAir Podsの充電はライトニングケーブルを使用◆
エアポッズやエアポッズプロの充電
09AirPods Proライトニングケーブル端子部開けたところ.jpg
 
キャップの突起をライトニングケーブルの差込口にはめます
 
01AirPods Proシリコンケースケース.jpg
 
カラビナの接続部
 
02カラビナ接続部シリコンケースAirPods Pro.jpg
 
カラビナ差し込み部の根元。厚めの設計。
 
ちぎれやすいので、要チェックのポイント
AirPods Proを落っことしたくないですからね〜[ダッシュ(走り出すさま)]
 
 
 
 
 
10AirPods ProをQiでケースを装着したままコードレス充電.jpg
Qiの充電をチェック。反応しました[ひらめき]
置くだけで充電できます。
 







・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 





 
 
 
 
 
 
 
◆エアポッズのシリコーンケースの選び方◆ケースを装着したまま充電するためには、ケースと充電パッドの物理的な距離が近いこと、金属のような材料で電磁波を遮蔽しないことが求められます。◆シリコーンケースの中には、ベタベタしてホコリが付着してしまうものもあるので注意◆薄くて軽いシリコーンケース◆ESR◆
キーワード:AirPods Proのケース◆Amazon◆アマゾン◆楽天◆かわいい◆ブランド◆ボタン◆韓国◆Korea◆キャラクター◆シリコン製◆ins風◆おしゃれ◆オシャレ◆耐衝撃◆ソフトケース◆傷防止◆充電対応◆全面保護◆脱着が簡単◆グッチ◆Gucci◆ヴィトン◆ルイ・ヴィトン◆本物◆充電ケース◆充電されない◆傷防止◆傷がつく◆カラビナ付き◆吊り下げられる◆


【ノイキャン比較】AirPods Pro v.s. MDR-EX31BN(ソニー)/ノイズキャンセリング効果の比較 [家電製品レビュー]

【ノイズキャンセリング能力の比較】2019年発売のAirpodsProと2013年発売のソニーのノイズキャンセリングイヤホン「MDR-EX31BN」を同時に使って、ノイズキャンセリングの効果を比較。ノイズキャンセリング能力は、ソニーの方が外部の騒音をシャットアウトします。また、音質の点では、ソニーの方が中低音が強調されており、音楽として楽しめる印象です。AirpodsProはケーブルの煩わしさがない点が強み。

01AirPods Pro_SONY_31BN_comparison.jpg

 

以前から愛用しているソニーのノイズキャンセリングイヤホンと、

2019年11月に発売されたばかりのAirpods Pro(Apple)

  

電車内でのノイズキャンセリング効果や音楽の音質を聴き比べ[手(グー)]

 ◆AppleのAirPodsProと他社のノイズキャンセリングヘッドホンの遮音効果を聴き比べ◆アップルのエアポッズプロ◆アップルの新型イヤホン◆



  

 



01AirpodsPro_and_sony_MDR_E.jpg
 
ここ5年ぐらいソニーのイヤホン「MDR-EX31BN」を愛用しています
 
用途は、車内での音楽や英語のリスニングがメイン
TOEICの勉強に、車内で聞き流ししても明瞭に声が聞こえるノイズキャンセリングヘッドホンは必須のアイテムです。
 
同じ曲をiPhoneに接続して聴き比べしてみました[手(グー)]
 
  
 
 
 
【評価結果】
 
 
 
 
ノイズキャンセリング能力
 
耳栓を10とした場合、ソニーが9、AirpodsProは7
 
⇒耳栓型のソニーの方が、より静寂な空間が楽しめます[わーい(嬉しい顔)]
 
 
 
 
 
音楽の印象
 
ソニーは、中低音が強調され、高音と中低音の対比が心地よい
 中低音のドスが効いたサウンド。ソニーが得意なドンシャリの音
AirpodsProは中低音が控えめで、硬質な感じのサウンド
 
 
 
音質評価は、個人の好みに左右されるので判断が難しい分野ですが、
この2機種の差は、かなり分かりやすいと思います
 
 
 
 
混雑した駅での接続の切れにくさ
 
ソニーは混雑した状況でも切れることがなく、接続性に問題はありません
 
AirpodsProも同様に接続性は良好です
 
 
 
 
・・・
 
 
 
ノイズキャンセリング効果、音質の点で、ソニーの方がいい結果となりました[晴れ]
 
 
03_noise_canceling_earphone.jpg
 
他の記事で詳しく書きましたが、ソニーの方はイヤホンが耳栓のように深く差し込む形
 
AirpodsProは、耳の孔の入口をそっと塞ぐ構造
 
 
ノイズキャンセリング効果の差は、音に対する逆位相の波を被せる方式
だけでなく、耳の孔の塞ぎ方の方式の差が大きいと感じました
 
 
ソニーの耳栓型(カナル型)は、人によって耳栓で塞がれる感覚を嫌がる方もいます
 
装着時の負担が少ない点については、AirpodsProが圧倒的に優れています
 
 
 
 
AirpodsProは、外部音声取り込みモードに切り替えられる点も好ポイント
 
ソニーの場合、店員と会話しようと思ったらイヤホンを外す必要があります
 
 
 
AirpodsProは、混雑した車内で落とすと大変なことになりそう
 
ソニーはその心配がありません
 

 

 


というわけで、都会の混雑した場所や騒音の大きな地下鉄の車内で

使うのであれば、AirpodsProよりソニーの方が心理的な安心感も含めて

メリットが大きいと感じました[わーい(嬉しい顔)]

 



ソニーの最新ノイズキャンセリングイヤホンは、WF-1000XM3になります。高いノイズキャンセリングと音質を誇るモデル。




<Amazon>
 
          ・30,580円(2019年11月時点)
Apple AirPods Pro

Apple AirPods Pro

  • 出版社/メーカー: Apple(アップル)
  • メディア: エレクトロニクス    
【Appleの企業方針】ソフトとハードを通じて、ユーザーに新しい経験を提供する◆新しい価値の提供◆驚き◆イノベーション◆
             ・7,489円(2019年11月2日時点)
 
 ※2013年9月の発売当時は、想定市場価格11,000円。価格.com 新製品ニュース
【ノイズキャンセリング】ノイズキャンセリング機能を持ったヘッドホン、イヤホンは、①大型ヘッドホンタイプ、②小型のイヤホンタイプ(カナル型)の2種類がある。携帯性、軽量性が求められる分野では、小型の密閉カナル型のイヤホンしかない。オープンタイプのAirPodsでは、必然的に外部の音が聞こえるため、ノイズキャンセリング機能を持たせることが不可能である◆ソニーのMDR‐EX31BNは、2013年10月25日発売でありながら、現時点(2019年10月31日)で発売から6年が経過しているものの、古さを感じさせない製品である。◆その理由は、①長時間使用できる(連続使用時間9時間)、②イヤホンと小型の本体の組み合わせであり、イヤーピース型と違って紛失しにくい、③故障せず、電池の劣化が少ない(少なくとも使用していて短時間で切れるという感覚がない)点が特徴。いまだに廃番とならずに発売されていることは、製品サイクルの早い現代において驚異的である。◆価格はソニーストアで10,880円、アマゾンAmazonで7,574円(2019年11月時点)であり、AirPods Proの約1/4の価格と財布にやさしい商品◆Bluetooth(ブルートゥース)の接続方式としてSBC/AAC/AirPodstXに対応しており、標準仕様から高音質仕様まで幅広く対応している。また、ハンズフリーで電話を受けられるため、通常の電話やLINEの電話を受けることも可能である。◆情報機器の分野は、スマートフォンやタブレットなどは進化しているが、情報伝達手段であるテキスト、写真、音楽、動画に関してはここ最近進化がないため、インターネットを利用する情報機器の分野では、基本性能が飽和しており、今後は使い勝手の良さ、装着感の良さ、長期使用時の耐久性、耐水性などが要求特性として重視されるようになる。◆ノイズキャンセリングのチェックポイントは、飛行機や地下鉄、電車やバスなど、移動時の騒音低減が最大のポイント。音楽や声など、聴きたい音声を際立たせ、不要な低音のゴーッという音や、高音のキーンという音をどれだけ低減できるかが鍵となる。◆ノイズキャンセルが必要な場は、移動時のようにじっくりと音を聞く場面ではないため、例えば英語のリスニングなど、雑音を排除して聞きたい音声が明瞭に聞こえるかどうかが選択のポイントになる◆ノイズキャンセルの利点は、外部の騒音が大きい場で音量を大きくしなくても済むため、大音量で聞くことによる難聴を防ぐことができる◆ヒスノイズの比較:ノイズキャンセル機能の有無によらず、イヤホンは、通電時に「サーッ」という音が流れている。音楽が鳴っている時は気にならないが、曲と曲の間や、図書館のように静かな空間で気になるポイント◆AirPods Proは、ホワイトノイズが少ない点もメリット。◆ヒスノイズ、ピンクノイズ、サーノイズ◆ノイズキャンセル機能により、特に人間が不快に感じる周波数の低い低音のノイズがカットされると、疲れにくい効果がある◆




【AirpodsPro】iOS12のiPhone6でAirpods Proに接続する【検証記事】 [家電製品レビュー]

【注意】AirPodsProは最新のiOSでなくても接続できますが、古いmacOSだと接続できません!◆

05airpodspro_iphone6.jpg
   
iOS12iPhone6AirPods Proを接続したところ、問題なく使用できました[手(グー)]
  
ただし、最新OSののiOS13にくらべて機能が制限されています。
  
  
- - - - - - - - - - - 
  
 
 
Appleのノイズキャンセリングイヤホン「AirPods Pro」の
仕様のサイトをチェックすると、システム条件のところに、
最新のOSであることが規定されています。
  
  
  
  
- - - - - - - - - - - - - - - - - - 
 
 
 
       システム条件
  
       iOSの最新バージョンを搭載したiPhoneiPod touchのモデル
       iPadOSの最新バージョンを搭載したiPadのモデル
       watchOSの最新バージョンを搭載したApple Watchのモデル
       macOSの最新バージョンを搭載したMacのモデル
  
  
- - - - - - - - - - - - - - - - - - 
  
  
  
  
  
手持ちのiPhone6は、最新のiOS13のアップデート対象から
外れ、iOS12までしかアップデートされません。
   
この規定に従うのであれば、
AirPods Proのシステム条件を満たしていないことになります。
  
  
  
   
そこで、iPhone6でAirPods Proが接続できるか試してみました。
   
その結果、Bluetoothの設定画面から接続できることが分かりました。
   
ただし、iOS13とは設定や画面が異なります。
   
  
   
  
  
  
 
05airpodspro_iphone6.jpg
  
iOS 12.4.3でAirPods Proに接続できました[ダッシュ(走り出すさま)]
  
  
  自動耳検出◆Air Podsを耳に付けているときは、接続されているデバイスからAir Podsにオーディオが自動的に転送されます◆
  
 
07airpodspro_ios12.jpg
   ノイズキャンセリング◆周囲のノイズを軽減し、サウンドを最適化することで最高のリスニング環境を実現します。◆
Bluetooth>AirPods Proの設定を開いた画面(iOS12)
   
 
  
 
リスニングモードで「標準」と「ノイズキャンセリング」の設定ができます。
    
しかし、右と左の感圧センサーを長押しした際の設定ができません[ふらふら]
   
なお、感圧センサーの停止、1曲早送り、1曲戻しは反応します。
   
 
 
 
  
 
 
 
04iphone6_airpodspro.jpg
   
下から上にスワイプしてコントロールセンターを表示(iOS12)
   
イヤホンの音量の部分がスピーカーのみ
  
   
  
   
 
  
02airpodspro_setting.jpg
   
AirPods Proを接続したままiOS13のコントロールセンターを表示
   
音量バーにAirPods Proのイラストが表示されます(iOS13の画面)
   
   
   
  
03airpodspro_setting.jpg
  
音量のバーを長押しすると、音量のバーの下に、
ノイズキャンセリングの設定ボタンが表示されます(iOS13)
   
   
   
   
   
   
06airpodsprosetting.jpg
   
Bluetoothの設定画面(iOS13)
   
ノイズコントロールで「オフ」が設定できます
   
また、Airpodsの感圧センサーを長押しした際の
動作を左右別々に設定できます
  
  
  
  
以上より、最新のOSではないiOS12のiPhone6でも
AirPods Proが接続できました[わーい(嬉しい顔)]

  

  

本体でノイズキャンセルの切り替えができるので、

それほど不便だとは感じません。

  

   

   

  

ただ、本体の感圧センサー長押しで切り替え

できた方がずっと便利なのはたしかです[あせあせ(飛び散る汗)]

   

   

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - 
 

 

  

  

  

 

【注意】古いmacOSのパソコンでは、接続できませんでした・・・[もうやだ~(悲しい顔)]

  

機種はMacbookAir(mid2011)、OSはHigh Sierraです

  

  

  

  
30airpodspro_macbookair_mid.jpg

  
 
 
 
 
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - 
 
 
 
接続しても、ノイズキャンセリングは機能する◆Bluetooth5.0 Low Energy◆低消費電力のICチップ◆
<Amazon>
  
           ・30,580円(2019年11月時点)
Apple AirPods Pro

Apple AirPods Pro

  • 出版社/メーカー: Apple(アップル)
  • メディア: エレクトロニクス    
【Appleの企業方針】ソフトとハードを通じて、ユーザーに新しい経験を提供する◆新しい価値の提供◆驚き◆イノベーション◆
Apple AirPods with Charging Case (最新モデル)

Apple AirPods with Charging Case (最新モデル)

  • 出版社/メーカー: Apple(アップル)
  • メディア: エレクトロニクス


【AirPods Pro】ソニー・WALKMANのイヤホンと付け比べ / Apple エアーポッドプロ/【装着感レビュー [家電製品レビュー]

2019年10月30日アップルからAirpodsPro発売!ノイズキャンセリング機能がついた超小型イヤホン。さっそく入手して、着用感をじっくりチェックしてみました。◆エアポッドプロ◆エアポッズプロ◆ノイズキャンセルができるエアポッド◆

01AirpodsPro_and_sony_MDR_E.jpg

 

ノイズキャンセリング機能のついた「AirPodsPro」を発売直後に購入!

 

愛用しているソニー のノイズキャンセリングイヤホンと、装着感を比較してみました[手(グー)]

【AirPods Proのレビュー】AirPods Proの長所と課題◆競合のイヤホンとの比較◆コードレスの無線ヘッドホン市場◆AirPods Proのレビューは、すでに出ているAirPodsや競合製品であるソニーのWF-1000XM3と機能、音質、ノイズキャンセルの効果をを比較したものが多い◆ここでは、カナル型ヘッドホンとなったAirPodsProの耳の着け心地を、ソニーのノイズキャンセリングヘッドホンと比較した◆AirPodsは外部ノイズを自動的に解析して外部ノイズの消去アルゴリズムを変化させている◆1秒間あたり200回の解析により、外部騒音のリアルタイムな変化に追従する設計となっている◆AirPodsはいわゆるヘッドホン耳栓の代わりになるか?(キングジムの製品)◆市販の耳栓との比較◆ヒスノイズの有無が、耳栓として使用する際の差別化ポイント◆AirPods Proは旧製品のAirpodsや、かつてiPhoneのコード付きイヤホンの標準品であったEarpodsと比較して、耳にはめた時の着け心地はどのように変わっているか?◆ 

出張時のお供として、ノイズキャンセリング機能のついたソニー

MDR-EX31BN(2013年発売)を4年ほど愛用しています

  

  

ソニーのEX31BNは実売8,000円以下・・・

  

税込30,580円 のAirPodsProは、すご~く高い[ダッシュ(走り出すさま)]

  

  

  

もちろん、AirPodsProはコードがないので、

コンパクトさでは圧倒的に有利[手(チョキ)]

  

  

  

イヤホンで重要なポイントは、耳につけた時の装着感

 

これまでに、たとえ高価でも装着感が悪いために

使わなくなったイヤホンがいくつもあります・・・[ふらふら]

   

 

AirpodsProとソニーのイヤホンの着用感をくらべてみました

◆アップル Apple AirPods Pro (エアーポッズプロ) ワイヤレスヘッドフォン [MWP22J/A]◆専用H1チップを搭載し、

包み込むようなサウンドを生み出すアクティブノイズキャンセリングを搭載。ステムを握るだけで切り替えできる、周囲の音が聞こえる外部音取り込みモードを設定。イヤーチップはS,M,Lの3種類あり、装着感をカスタマイズできるので、オーディオを一日中ずっと快適に楽しめます。これまでのAirPodsと同様に、iPhoneやApple Watchとの接続は魔法のよう。ケースから取り出すだけで、すぐに使えます。


20walikman_sony_NWS786_nois.jpg
 ソニー・WALKMANのヘッドホンとAirpodsProとの比較
  
砲弾型のシリコン製イヤーピース、硬い芯材とやわらかい外側を組み合わせた構造
  
【仕様】AirPods PROの使用時間◆連続使用時間は4時間半、4.5時間◆ ノイズキャンセリング使用時◆ノイズキャンセルをオフにすると、使用時間は5時間◆接触充電に対応(Qi:チーを利用可能)◆音
 
 
●ウォークマンのヘッドホンとAirpods Proの装着感の違いは? 
ズレ・画面と音のずれ(レイテンシー)は極めて少ない◆オーディオ信号の遅延は、極めて少ない。ゲームの際にも、画面と音のタイミングがずれないため、ヘッドホンを直結した場合と同じ感覚で使用できる◆  
04_sony_apple_noisecancelin.jpg
  
大きさは、ソニーとAppleでかなり似た感じ
重さは、ソニーが4g、Airpods Proが5.4g
 
ちなみに、第1世代のAirPodsも4gなので、1.4g重くなっています
重量は、ソニーの方が軽くなっています
どちらも背中にノイズキャンセリング用外部集音マイクがついています
 
 
AirPodsProは、こんなに小さいスペースに、スピーカー、マイク、
バッテリー、無線モジュール、センサー、ICチップをギュッと詰め込んでいます
  
 
技術の進歩はすごい~[あせあせ(飛び散る汗)]
【耳につけた際の違和感】カナル型のヘッドホン(耳栓型のイヤホン)は、音質よりも耳につけた際の違和感のなさ、長時間使用した際の疲労感の有無が極めて重要なポイント◆どんなに価格が高くて音質が良くても、使っていると耳の孔が痛くなるようであれば、とても使用できない◆AirPods Proは、これまでアップルから発売されていたAirPodsと比較して、耳に対するフィット感が全く異なる。旧来のAirPodsは、耳にひっかけるタイプであるため、ちょっと首を振ったり走ったりしただけで外れそうになるため、耳から落ちそうで落ち着かないのが欠点であった◆AirPods Proは耳の孔にはめる構造となったため、落ちにくくなった点が大きな設計の変更点である。◆耳に対する違和感は2種類①しっかりフィットして落ちにくいか(しっかり固定している感覚があるか)、②耳の孔の壁を強く押しすぎていないか(イヤーチップの弾力性が強すぎると、圧迫されて耳の孔が痛くなる)◆ソニーのノイズキャンセル機能搭載ウォークマン(Walkman)に長年使われているヘッドホン(MDR-NWNC33)は、ハイブリッドイヤーピース機構により、コアとなる芯の孔の部分の弾力性が高く、周囲をソフトなシリコーン樹脂のボディで覆うことにより、イヤホンの固定感を持たせつつ耳の孔に対してソフトに密着させることに成功している◆ハイブリッドイヤーチップは、単純でありながら強度があり、発泡ウレタン樹脂のように長期使用によって強度が低下するとともに、穴の中に汚れが入って落ちにくくなることを防いでいる点が優れた設計◆改良点として、先端部がゆるやかにカーブする砲弾状になっている◆シリコーン樹脂のインサート成形によりイヤーピースを大量生産している◆今後はサードパーティー製のシリコーン樹脂製イヤーパッドが発売されると予想◆19earpiece_comparison_airpo.jpg
Apple Airpodspro とソニーのワイヤレスノイズキャンセリングイヤホンのイヤーピースのサイズ比較写真

  

イヤーピースを抜いたイヤホンとイヤーピース

イヤーピースのサイズ L、M、Sのイヤーピースの大きさの比較写真

    

AirPodsProはスピーカーが正面を向いており、イヤーピース穴が大きな楕円形

   


その横に開いた狭い穴にイヤーピースを差し込む仕様

  

 

 

  

 

  

  

耳に装着した状態を比較

   

  

21sony_headphone_earpluggin.jpg
  
ソニーは、耳に突き刺したイヤーピースを軸に、イヤホン全体を支える設計
  
  
耳の孔に強くイヤホンが差し込まれ、耳の壁がギュッと押される感覚[あせあせ(飛び散る汗)]
  
  
落ちる心配が無いものの、圧迫感があります
  
  
  
がっちり差し込まれているため、骨伝導による振動で重低音がよく伝わって
迫力のあるサウンドになるメリットもあると感じています
   
 
  
 
22airpodspro_ear_plugin.jpg

 エアポッド・プロを耳にはめた写真◆Air PodsProのつけ方の写真◆

Air Podsの耳への正しい装着方法◆Air PodsProはランニングしても落ちにくい?◆

AirpodsProは、イヤーピースと本体全体を使い、

耳の孔と耳たぶ表面の2ヶ所でイヤホンを支える方式

  

力が一点に集中せず、ふわっとしたつけ心地になります

 


 

 

23AirpodsPro_earpiece_trial.jpg
 Air PodsProのイヤーピースの調整方法◆イヤーピースのテスト方法◆
AirPodsProのイヤーピースは、単体で試着してサイズ合わせするのがおすすめ
 
  
本体がついていると、ついついギュ~ッと押し込んでしまいます[あせあせ(飛び散る汗)]
  
 
 テストで大きめのサイズを付けてみたところ、
本体と耳が接している部分が圧迫されてじんわりと痛みが出たので、
小さいSサイズに変えたところ、長時間使っていても違和感がなくなりました
 
  
デフォルトのMサイズは少し当たりが強いので、小さいSサイズをチョイスしてます

 

 

 ◆Air PodsProで耳が痛くならない方法◆耳にはめるときの向き◆

 

 



 

08earpiece_of_earphone_airp.jpg
 
  
ソニーは耳の穴に深く差し込んでイヤホンを固定する設計思想
 
AirPodsProは、イヤーピース(耳の穴)と
本体(耳たぶの表面)を使い、広く支える構造です
  
 
ソニーは“点”で支え、AirPodsProは“面”で支える感じでしょうか[ダッシュ(走り出すさま)]
 

 

 

 

 

 

 

07sideview_of_earphone.jpg
 
09sideview_of_earphone.jpg
 
イヤーピースをつけ、耳の穴の壁に触れる外側の
シリコン製ラバーをひっくり返したところ。
  
 
 
ソニーは、耳の穴に入れる緑色の軸部が固く、
深く耳の穴に入れてしっかり支えます。
  
イヤホンがしっかり固定される反面、耳の穴の密閉性が高く、
接触によるストレスが強くなる欠点があります。
   
  
ソニーの装着感は、まさに『耳栓
 
 
 
ただし、寝ている時にも外れないメリットも。
  
  
Air Podsだと、寝返りをうったらポロッと取れてしまいます。。。
 
 ソニーのイヤホンは、スピーカーの直径が多いいため、重低音の再生に向いている設計
 
 
一方、AirPodsProのラバーは軸部も外側も フニャフニャ でコシがありません
  
  
耳の穴が中からグッと押される感触が抑えられています
 
AirPodsの装着感は、『綿で耳の入り口にそっとフタをする』イメージ
 
 
初代AirPodsに近い装着感です
しかも、イヤーピース部とボディ部で広く本体を支えるので、
荷重が分散され、圧迫感がグッと小さくなっています。
 
 
ソニーのヘッドホンと比較してみて、Appleは、
ふわっと軽い感触」で差別化しようという設計思想を感じました
 
 
 
 
 
「耳栓を差し込む」か「ふわっとフタをする」のかによって、
音質が大きく変化します
  
 
 
ソニーのイヤホンで、音を出しつつ、
深く耳に刺した状態から、わずかにイヤホンを引き抜くと、
低音が弱い シャカシャカした音色 に変化します
 
 
 
 
AirPodsProの音は少しこの傾向があり、ソニーのヘッドホンで聞いた後で聴き比べると、
ベースの重低音やピアノの低音部を ゴンッ! と鳴らした時のインパクトが弱く感じます
 
 
 
 
 
この辺は好みの問題ですので、どちらが良い、悪いといった話ではなく、
イヤホンの設計に基づく音色の傾向だと割り切るのがよいかと。。。
 
 
 
 
●ウォークマンとAirpodspro の音色、ノイズキャンセルの違いは?
 
 
ネットのレビューでは、Airpodsの音色に対して厳しい評価を下している
コメントをたまに見かけますが、基本的な音色の味付けはまったく問題ありません!
 
Appleはカリフォルニア生まれの会社。だから、アメリカ西海岸のジャズのように
クリヤーで締まった音色の味付けをしているのではないか・・・
その他、音に関してパッと分かる違いとして、
AirpodsProは無音時のホワイトノイズがありません!
  
 
ソニーのMDR-EX31BNは、常に「サーッ」とノイズが聞こえます
 
 
音が鳴っている時は、あまり気にならないのですが、
図書館みたいに静かなところで耳栓代わりに使うなら、
AirpodsProの方がいいかも・・・[わーい(嬉しい顔)]
  
 
キングジムからは、そのものズバリ「電子耳栓」が発売されています
【音質調整】音楽ジャンルに合わせた音質調整(イコライジング)については、ソニーのWF-1000XM3は専用アプリを使ってきめ細やかな設定が可能であるのに対し、AirPods ProはiPhoneのイコライザ設定(「設定」>「ミュージック」)から好きな分野を選ぶ方式。イコライジングの設定を変えても、高音や低音の変化をあまり感じない設定であるため、大きく音質を変えたいのであれば、イコライザーのアプリを使用するのが好ましい◆
ノイズキャンセリング機能については、わたしの判断基準は
「電車の中でクラッシック音楽を楽しめるか」
「英語のリスニングで声を聞き取れるか」
の2点
 
 
Airpodspro 、EX31BNともノイズ低減効果が大きく、どちらも合格点でした[手(グー)]
 
 
通勤通学でじゅうぶんに楽しめると思います
  
 
 
Airpodspro は、混雑した都会の駅でも通信が切れにくい強みもあるので、
通勤通学で使う方には投資価値大ではないでしょうか
 
【代替用語】アイポッドプロ◆ipod pro◆エアポッド◆エアパッドプロ◆新型エアポッド◆Earpods pro◆2019年10月30日発売開始◆品切れ◆入荷待ち
 
 
●イヤーピースの設計の違いは?
 
 
 
さて。
 
 
イヤーピースをさらにチェック
 
 
10earpiece_comparison.jpg
  
Mサイズのイヤーピース
  
 
 
AirPodsProは、本体にはめ込むリングの部分のみ硬く、
軸、本体含めて全体が柔らかいシリコンラバー。
 
ソニーは、軸の緑部分が硬くなっています。
  
 
 
11mesh.jpg
  
ゴミを防ぐためのメッシュがAirPodsProの方にはついています。
  
硬いリング部の壁には細長い穴が。。。
 
イヤホン装着時の圧迫感を抑えるための「ガス抜き孔」と思われます。
 
 
はじめにメッシュのついた硬いリング部をつくり、
シリコンゴムでインサート成型したのでしょうね・・・
 
 
 
 
 
 
 
ワイヤレス・オーディオ 市場の新たなプレーヤー
 
02_apple_airpods_and_airpod.jpg
 
AirPodsとAirPodsPro
 
 
 
初代AirPodsは、装着している時の「固定感」が弱く、
歩いているだけでイヤホンが落ちそうなユルユル感がぬぐえなかったので、
外ではあまり使わなくなってしまいました・・・[ふらふら]
 
 
 
ノイズキャンセリング機能がなく、電車やバスの
移動時に使いづらいというのも、使わない理由のひとつです
 
 
 
 
 
 
 
AirPodsProはこれらの不満点を見事に解決しているので、たいへん満足ですね~[わーい(嬉しい顔)]
 
 
 
ステム(棒)にある感圧センサを長押しするだけで、ノイズキャンセリング機能を
パッとキャンセルし、周囲の音を聞けるところが、とても便利!
 
 
 
 
 
 
 
●サードパーティ製イヤーピースの販売可能性について
 
 
AirpodsProのイヤーピースはは単純な構造なので、すぐに
サードパーティ製のイヤーピース製品が発売されると予想されます
 
 
その理由は、充電ケースの構造にあります
  
 
 
 
37airpodspro_opened.jpg
 
38airpodspro_cap_slit.jpg
 
AirpodsProの充電ケースとイヤホンの間には、収納してもわずかに隙間があります
 
シリコン製のキャップや大きめのイヤーピースをはめこんでも
ケースに収納できるため、いろいろな製品が出てくることでしょう!
 
 
  
 
 
初代AirPodsでは、イヤーピースをつけるとフタが閉まらずに
充電ができないという問題がありました・・・[ふらふら]
 
 
39airpods_opening_gap.jpg
 
初代AirPodsの充電ケースとイヤホン
 
ケース~イヤホン間の隙間がなく、ピッチリです
 
 
 
 
 
40airpods_slit.jpg
AirPodsはチンアナゴ風のデザイン◆
サードパーティ製のイヤーピースを買いましたが、充電のたびに
外すのがめんどうなので、使わなくなってしまいました[たらーっ(汗)]
AirPodsの耳ズレ対策◆イヤーチップの交換◆イヤーピースの交換◆サードパーティ製のイヤーピースに交換◆ゆるい、ずれる◆カナル部の改造◆Sprngclip(スプリングクリップ)のシリコン製イヤーピース
●AirpodsProの外観
 
 
 
以下、AirPodsProをクローズアップ!
 
 
17pair_of_airpodspro.jpg
12speaker_of_airpodsPro.jpg
13outer_microphone_of_airpo.jpg
15sensor_of_touch.jpg
14back_microphone.jpg
16tanshi.jpg
 
  
 
 
 
 
 
 
 
AirpodsProをヨドバシオンラインで発売日の
夜に注文し、2日後に宅配便で届きました[わーい(嬉しい顔)]
 
 
 
AirpodsProを使うには、最新のOSにアップデートする必要があるので、
箱から開けたら、家にあるiPhoneとiPadをアップデートするところから作業開始[手(グー)]
 
 
 
 
18software_update_iOS_iPadO.jpg
AirPodsProを利用するには、iOS13.2、iPadOS 13.2にアップデートする必要があります
アップデート祭り~[晴れ]
 
【AirPods ProがソニーのMDR‐EX31BNより優れる点】①耳につけた際の着け心地がよく、長時間イヤホンを耳に装着していてもストレスを感じない、②「外部音取り込みモード」へ簡単に切り替えることが可能。ノイズキャンセリングモードで外部音が聞こえない状態から、外部音が聞こえる状態へと感応センサーをタップするだけで切り替えられる。ごく自然な聞こえ方であるため、イヤホンをしていることを感じないレベルであり、他の製品とくらべてとても優れているポイントである◆やわらかフィット◆③音が切れにくい◆都会の混雑する駅や電車内、人ごみの中で使用しても接続が切れにくい◆④制汗制水機能を持たせた設計となっており、汗や雨に対する耐久性がある。ワークアウト、エクササイズ、ランニングといった運動用途で水の染み込みによる錆や漏電による機器の破壊に対する耐久性が増した◆
 
 
AirPodsProは、イヤホンを使った経験があれば、誰でも気に入る一品!
 
  
3万円はちょっと高いですが、それだけの価値はあると思いました~[わーい(嬉しい顔)]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
●参考サイト 
【AirPods Proの問題点】最新のMacOSもしくはiOSをインストールし たMacパソコン、Macbook、iPhone、iPadしか対応していない。手持ちのMacbookAir(mid2011)はOSのアップデートの対象外であるため、AirPods Proと接続できない問題がある。◆Bluetooth接続◆Androidとは接続可能。充電ケースの裏側のボタンを長押しすることで、アンドロイドのタブレットやスマートフォンを接続できる。ただし、①ダブルタップでの操作、②自動耳検出機能、が動作しない点が課題。◆Walkman(ウォークマン)とAirpodsの接続については、一部の機種のウォークマンのみ対応している。Bluetoothの設定画面で、「拡張方式を利用する」を選択する◆Airpodsは高音質のaptXでは接続できない。AAC形式での接続となる。◆パソコン(Windows10パソコン、Windows7パソコン)とAirPods Proの接続は可能◆android機器やウインドウズパソコンと接続しても、ノイズキャンセリングは機能する◆Bluetooth5.0 Low Energy◆低消費電力のICチップ◆
<Amazon>
 
          ・30,580円(2019年11月時点)

Apple AirPods Pro

Apple AirPods Pro

  • 出版社/メーカー: Apple(アップル)
  • メディア: エレクトロニクス    
【Appleの企業方針】ソフトとハードを通じて、ユーザーに新しい経験を提供する◆新しい価値の提供◆驚き◆イノベーション◆

             ・7,489円(2019年11月2日時点)




【ノイズキャンセリング】ノイズキャンセリング機能を持ったヘッドホン、イヤホンは、①大型ヘッドホンタイプ、②小型のイヤホンタイプ(カナル型)の2種類がある。携帯性、軽量性が求められる分野では、小型の密閉カナル型のイヤホンしかない。オープンタイプのAirPodsでは、必然的に外部の音が聞こえるため、ノイズキャンセリング機能を持たせることが不可能である◆ソニーのMDR‐EX31BNは、2013年10月25日発売でありながら、現時点(2019年10月31日)で発売から6年が経過しているものの、古さを感じさせない製品である。◆その理由は、①長時間使用できる(連続使用時間9時間)、②イヤホンと小型の本体の組み合わせであり、イヤーピース型と違って紛失しにくい、③故障せず、電池の劣化が少ない(少なくとも使用していて短時間で切れるという感覚がない)点が特徴。いまだに廃番とならずに発売されていることは、製品サイクルの早い現代において驚異的である。◆価格はソニーストアで10,880円、アマゾンAmazonで7,574円(2019年11月時点)であり、AirPods Proの約1/4の価格と財布にやさしい商品◆Bluetooth(ブルートゥース)の接続方式としてSBC/AAC/AirPodstXに対応しており、標準仕様から高音質仕様まで幅広く対応している。また、ハンズフリーで電話を受けられるため、通常の電話やLINEの電話を受けることも可能である。◆情報機器の分野は、スマートフォンやタブレットなどは進化しているが、情報伝達手段であるテキスト、写真、音楽、動画に関してはここ最近進化がないため、インターネットを利用する情報機器の分野では、基本性能が飽和しており、今後は使い勝手の良さ、装着感の良さ、長期使用時の耐久性、耐水性などが要求特性として重視されるようになる。◆ノイズキャンセリングのチェックポイントは、飛行機や地下鉄、電車やバスなど、移動時の騒音低減が最大のポイント。音楽や声など、聴きたい音声を際立たせ、不要な低音のゴーッという音や、高音のキーンという音をどれだけ低減できるかが鍵となる。◆ノイズキャンセルが必要な場は、移動時のようにじっくりと音を聞く場面ではないため、例えば英語のリスニングなど、雑音を排除して聞きたい音声が明瞭に聞こえるかどうかが選択のポイントになる◆ノイズキャンセルの利点は、外部の騒音が大きい場で音量を大きくしなくても済むため、大音量で聞くことによる難聴を防ぐことができる◆ヒスノイズの比較:ノイズキャンセル機能の有無によらず、イヤホンは、通電時に「サーッ」という音が流れている。音楽が鳴っている時は気にならないが、曲と曲の間や、図書館のように静かな空間で気になるポイント◆AirPods Proは、ホワイトノイズが少ない点もメリット。◆ヒスノイズ、ピンクノイズ、サーノイズ◆ノイズキャンセル機能により、特に人間が不快に感じる周波数の低い低音のノイズがカットされると、疲れにくい効果がある◆




【AirPodsProのBluetooth接続】AirPods Pro と Macbook、Windos10パソコン、Androidタブレット、ウォークマンとの接続 [家電製品レビュー]

 AirPodsとAppleのパソコンやiPhone、iPodとの接続が可能かどうか、確認してみました◆

 AirPods Proを購入して気になったのが、

古いiPhoneやMacbookiPod touchに対応していないこと。

   

 

Apple製品に対するAirPods Proの接続可否は、仕様に載っています

 

 


 

手持ちのソニーのBluetoothイヤホンであれば、

たいていの機種と接続できるので、

なぜ最近発売されたAirPodsが古い機種に

対応していないのか、理解に苦しむところです。。。[ふらふら]

 

 

  

本当に接続できないのか、試してみました[手(グー)]

 

 

 

また、Windos10のパソコンでも接続してみました。

 

 

 

 

 

 

1.Macbook Air(mid2011)との接続

  

  

 

2011年に購入したMacbook Air

 

いまでも現役で使っていますが、最新のMacOSはサポートが終了しています

 

 

 


  
30airpodspro_macbookair_mid.jpg
 
AirPods Proで昔のMacbook Air接続にトライ[手(グー)]
  
 
残念ながら、本当に反応しませんでした・・・[もうやだ~(悲しい顔)]
 
 
 
 
 
31macos_higesierra.jpg

 

 OSはHigh Sierra

 

  

 

 


 

 2.Macbook Pro(2014)

  

 今度は、まだ最新のMacOSをインストール可能なMacbook Proに接続してみました。

 

 

    


32macbookpro_airpodspro_con.jpg
 
充電器の背中にあるボタンを長押しすると、AirPodsProが検出されました[手(チョキ)]

  

 

  

  

   
36Airpodspro_Macbookpro_Blu.jpg
 
AirPodsProのオプションを押すと、感知するマイクの選択画面が出ます
 
 
コントロールに関しては、感圧センサーの長押しで、
「ノイズキャンセリング」⇔「外部音取り込み」の切り替えが可能
  
しかし、曲の停止、1曲飛ばし、1曲戻しは機能せず
  
音量と曲のコントロールは本体で行うことになります
 
 
 
 
 

  

  
33airpodspro_microphone_tes.jpg
 
AirPodsProのマイク感度調整画面
 
AirPodsProを通して、パソコン経由の会話は可能

 

 

 

 

 

 

 

3.Windos10のノートパソコン 

 

 

AirPodsProはApple製品だから、Windowsのパソコンには

対応しないのでは?と思ったのですが、

ネットで調べると接続できるようだったので、試してみました

 

 

 AirPodsProの充電器ケースのボタンを長押しした後、


デバイス > Bluetoothとその他のデバイス > デバイスを追加する


で、Bluetoothを選択

 
 
 
34windows10_setting_bluetoo.jpg
 
 Bluetoothを選択
 
  
  
  
35windows10_airpodspro_conn.jpg
 
「ヘッドホン」をクリックすると、あっさり接続されました
 
 
 
Macbookと同じく、コントロールは、感圧センサーの長押しで、
「ノイズキャンセリング」⇔「外部音取り込み」の切り替えが可能
  
曲の停止、1曲飛ばし、1曲戻しは機能せず
  
音量と曲のコントロールは本体で行います
 
 
 
 
  
4.その他のデバイス
 ・iPod touch
  「iPod touchの第7世代」のみ対応しており、それ以前のモデルは使えないようです
 
 
 ・Androidのスマホ、タブレット
 
  手元に機器がないので検証できないのですが、ネットのレビューによれば、
  感圧センサで 曲の再生/停止、曲送り、曲戻し、
  「ノイズキャンセリング」⇔「外部音取り込み」の切り替え
  ができるようです
 
 
 ・WALKMAN
   手持ちのWALKMANのBluetooth設定では、AirPodsProは接続不可
  
   一部のウォークマンは接続できるようです
 
 
 
 
 
 
●当ブログ内 関連サイト
 
 
 
 
 
 
 <Amazon>
 
Apple AirPods Pro

Apple AirPods Pro

  • 出版社/メーカー: Apple(アップル)
  • メディア: エレクトロニクス    ・2019年11月2日時点では、残念ながら入荷未定です
【Appleの企業方針】ソフトとハードを通じて、ユーザーに新しい経験を提供する◆新しい価値の提供◆驚き◆イノベーション◆
             ・7,489円(2019年11月2日時点)

 


【高校入学】AZ-Z4700edu/同等機種調査 CASIO EX-WORD カシオの高校生向け電子辞書 [家電製品レビュー]

【高校入学】高校生の授業中はスマートフォンが使えないので、スマホを辞書代わりに使えません。そのため、電子辞書もしくは紙の辞書が必要となります。高校入学時に教科書や制服、ジャージなどを買い揃えるにあたり、電子辞書を買うかどうか比較してみました。

04カシオXD_Z4700カシオEXWOR.jpg
CASIO EX-WORD AZ-Z4700edu 写真
子どもの高校入学にあたり、学校推薦の電子辞書「EX-WORD AZ-Z4700edu」を購入。
 
価格は29,000円(税込
家電量販店やインターネットで販売されていないモデルです。
 
 
 
 
学校専用モデルの特徴として、「学校専用機限定コンテンツ」「3年特別保証」「専用ポーチ」「名前シール」があります。
限定コンテンツ:オーレックス英和/和英辞典、国語便覧、小論文入試パターン別書き方ガイド、俳句歳時記)
◆特徴:カラータッチ(手書き)パネル+ネイティブ音声(英単語20万語、日本語:約7万語)+発音トレーニング(採点・アドバイス付き)コンテンツ追加+安心の強化設計タフコット構造+電池寿180時間+全6教科14科目対応◆コンテンツ数:多教科対応 209コンテンツ+日本・世界文学3000作品+クラッシック1000フレーズ◆
01AZ_Z4700_edu_パッケージ_.jpg
 カシオ エクスワード AZ-Z4700edu 2018年春モデル 【学校パック】
パッケージ。
 
 
02AZZ4700edu高校用電子辞書.jpg
 【学校専用モデル】AZ-Z4700edu
同梱物。
 電子辞書エクスワード データプラス10(XD-Z4700)◆単3形アルカリ乾電池2本◆取扱説明書◆タッチペン(本体に収納)◆ガイドブック◆専用ケース(ポーチ)◆名前シール◆特別保証書
03AZZ4700edu同梱物内容.jpg
 
「専用ポーチ」「名前シール」「3年間保証」が通常品にはない特徴
 
 3年間保証は、保証外の物損も学割特別価格で対応
 
 
04カシオXD_Z4700カシオEXWOR.jpg
 
本体はカラー液晶。右上には「XD-Z4700」のモデル名。
 
手持ちの古い白黒液晶の電子辞書と比較して、その進化にビックリ[あせあせ(飛び散る汗)]
 
 
 
 
 
08AZZ4700edu専用ケース.jpg
 
専用ポーチに入れた状態。厚めのパッドが内側に入っています。
 
 
 
 
06カシオEXWORD大きさ比較.jpg
07iPhone6とEXWORDの大きさ.jpg
 
iPhone6との大きさ比較
 
 
【ネット販売機種との比較】
 
・キーボード形状、本体形状が全く同じ製品は、「XD-Z4800WE」となります。価格は26,000円程度。(2018年3月時点)
カシオ エクスワード XD-Zシリーズ 電子辞書 高校生モデル 209コンテンツ収録 ホワイト XD-Z4800WE

カシオ エクスワード XD-Zシリーズ 電子辞書 高校生モデル 209コンテンツ収録 ホワイト XD-Z4800WE

  • 出版社/メーカー: カシオ計算機
  • メディア: エレクトロニクス
 
 
一世代前のモデルと比較して、「アルファベットのキーボードの大きさを15%拡大」「英語関連のコンテンツの充実化」がポイントです。4機種ともに、アルファベットキーの大きさを従来機種「XD-Gシリーズ」から約15%拡大。ホーム画面のデザインを一新して見やすさの向上を図り、最大18種類のコンテンツをすぐに呼び出せる機能を追加。前方底部には「スリムリフレクションスピーカー」を配置。
・1世代前の同等レベルのモデルは、「XD-G4800WE
 
 キーボードのキーの大きさが2018年モデルより小さくなっています
 
 2017年モデルなので、最新の2018年モデルより少し安くなります。(24,600円程度)
 
 
カシオ 電子辞書 エクスワード 高校生モデル XD-G4800WE ホワイト コンテンツ150

カシオ 電子辞書 エクスワード 高校生モデル XD-G4800WE ホワイト コンテンツ150

  • 出版社/メーカー: カシオ
  • メディア: Personal Computers
--------------------------------------


【関連サイト】























【実例 動画付】iPhone6交換バッテリーを購入→自分で解体&交換/iPhoneのバッテリー交換方法/タッチパネルを外さずにバッテリー交換(動画あり) [家電製品レビュー]

【レビュー】Amazonで購入したiPhone6用の大容量バッテリーを自分で交換した記録◆自分でバッテリーを交換するとAppleの保証の対象外となりますので、この点をふまえて作業することが必要です◆iPhoneは堅牢にできているので、何回か電池を交換しましたが、データが消えることもなく作業できました◆

08iPhone6_内部写真.jpg
    
中古で購入して格安SIMを挿して使っていたiPhone6の電池が、
半日も持たなくなりました。
  
発売から2年以上が経過して、電池が寿命を迎えたようです。
 
 
  
 
  
22バッテリー劣化状態.jpg
    
バッテリーの監視アプリ(Battery Life)で電池の状態をチェック
   
設計容量1751mAhに対して、600mAhしか容量がありません。
    
これでは、すぐに電池が切れるわけです・・・[ふらふら]
  
  
  
  
 
Appleに電池交換を依頼すると、8,800円(税抜)かかるのに対し、自分で電池交換すると2,000円前後で済むようです。
注:2018年1月〜12月まで、値下げして3,200円で交換するサービスが始まりました。
 
  
  
 
もともと中古で買った端末ですし、壊れてもiPhone6であれば3万円以下で中古端末が手に入ってデータも復旧できるので、自己責任でやってみることに[手(グー)]
   
 
 
  
Youtubeで「iPhone6 バッテリー交換」と検索すれば、たくさんの動画が出てきます。
  
わたしも作業の参考にさせていただきました。
  
  
  
 
 
16batteryLife_capacity_check_replacement.jpg
  
作業後は電池容量が2300mAhにアップ!
  
  
 
  
実際には、パネルを取り付けたままバッテリー交換にトライ。
  
 
 
バッテリーとキットがセットになっていて、さらに大容量タイプのバッテリーを選択。
  
2年保証付き、PSE準拠ということで、格安バッテリーより安心できそうなものを選びました。
  
 
 
<Amazon>  価格は2,780円
 
Deepro iPhone6 バッテリー 交換 キット 大容量 PSE準拠 2200mAh 取付マニュアル付 (iphone6 大容量)

Deepro iPhone6 バッテリー 交換 キット 大容量 PSE準拠 2200mAh 取付マニュアル付 (iphone6 大容量)

  • 出版社/メーカー: 株式会社ディープロ
  • メディア: エレクトロニクス
  
  
 
バッテリー単体だと安くなります。
 
・大容量タイプ  2,280円
 
Deepro iphone6 交換用 バッテリー 大容量 2200mAh PSE基準 固定用テープ付き (iPhone6 大容量)

Deepro iphone6 交換用 バッテリー 大容量 2200mAh PSE基準 固定用テープ付き (iPhone6 大容量)

  • 出版社/メーカー: 株式会社ディープロ
  • メディア: エレクトロニクス
 
 
・標準容量タイプ  1,680円
 
Deepro iphone6 交換用 バッテリー 1810mAh PSE基準 固定用テープ付き (iPhone6)

Deepro iphone6 交換用 バッテリー 1810mAh PSE基準 固定用テープ付き (iPhone6)

  • 出版社/メーカー: 株式会社ディープロ
  • メディア: エレクトロニクス
 
 
 
 
  
作業の様子を動画にまとめました。
  
 
  
  
  
 
 
作業はそれほど難しくなかったものの、非定常作業ということもありコツが分からない部分が多かったので、今後作業する方の参考用にポイントをまとめました。
 
  
 
1.事前準備
・必ず電源をオフにします。
・できればデータのバックアップを取っておくのが無難です。
 →バックアップの取得方法
・ネジを保管するために、テープや付箋紙を準備しておきます。
 メモ書きをつけておくと、あとでネジを探す手間が省けます。
 
 
2.タッチパネル外し
・パネルを開くのに使うネジ外し用ピンは細い方(0.8φ 星形)、内部部品のネジ外しは太い方のピン(1.5φ プラス形)を使用。サイドに表示があります。
・底のネジ2本は左右で長さが違うので、テープや付箋紙に貼り付けてどちらか分かるようにしておきます。ネジの紛失を防ぐ効果もあります。
・吸盤でタッチパネル全体を外そうとしないこと!あくまでもイヤホン差込口付近のすき間を開けることが目的です。それほど力を入れなくても開きます。
・ホームボタン付近は割れやすいので、少しイヤホン差込口側にずらして吸盤を取り付けます。
・タッチパネルを外す時は、ショートを防ぐためにプラスチック製のスクレーパーやピックを差し込みます。
・ピックではタッチパネル上部が外せません。最後はカードを抜くように手前側にタッチパネルを引き抜きます。
・タッチパネルが外れた後、パネルと本体を接続しているコネクターを傷つけないよう、パネルと本体の両方を持つようにします。
 
 
3.バッテリーの粘着テープ剥がし
・先に電池の端子を本体から外します。粘着テープが本体との間に残り、バッテリーを引きちぎって取り出す際にショートすると過電流が流れてデータが消失するリスクを避けるためです。
・ショートによるデータの破損を避けるため、端子を外す際は、プラスチック製のスクレーパーを使います。
・粘着剤は温度によって軟化挙動が大きく変化するため、事前にドライヤーで裏面を加熱したり、コタツに入れたりして本体を温めておきます。
・粘着テープで引っ張る際、角度を浅く取るようにして引っ張ります。
・ピンセットで左右に振りながら少しずつ力を入れて引っ張り、さらにピンセットをねじって粘着剤を棒状にすると切れにくくなります。
・テープがちぎれても、ピンセットがあれば引き出して復活できますので、焦らずに・・・。
・本体と電池の間に粘着テープが残ったまま無理に電池を捻じ曲げて引っ張ると、最悪の場合、電池がショートして発火する恐れがあります。なるべくスクレーパーを差し込んで剥がすのがコツ。ドライヤーですき間に温風を吹き込みながらスクレーパーを差し込むと、テープが軟化してはがしやすくなります。
 
 
4.バッテリーの取付
・接続端子とバッテリーを接続してから、バッテリーに粘着テープを貼り、本体に貼り付けます。これによって、バッテリーを本体に貼り付けた後に端子が接続できなくなるリスクを回避できます。
・バッテリーから出ている接続端子の曲げが合っていない場合があるので、いったんバッテリーを本体に取り付けて、端子の位置を確認し、必要であれば端子を曲げて調整します。
・大容量バッテリーの場合、少し電池が大きいので、端子の位置決めを先にやっておかないと、粘着テープでバッテリーと本体をくっつけてから本体と端子が接続できなくなるリスクが高くなります。事前に位置決め、端子接続、端子カバー取付を行うのが無難です。
 
 
5.粘着テープの貼り付け
・青色の剥離フィルム(小さい方)のみを2ヶ所剥がし、バッテリーの端部に貼ります(⇒詳しくは動画をご参照ください)
 ここが次回取り出す際のテープ引っ張りの開始点になります。
・次に、青色の剥離フィルム(大きい方)を剥がし、グルっと回してバッテリーに貼ります。その後、しっかり押さて貼り付けます。
・最後に、ピンク色の剥離フィルムを剥がし、本体に貼り付けます。
 
 
6.再起動
・電源ボタンを押しても再起動しない場合、バッテリーの接続端子がうまく入っていない可能性が一番高いので、改めてバラして端子部分が「カチッ」とハマっているか確認します。
 
 
 
21iPhone6battery_replacement_kit.jpg
   
キットの中身
 Deepro Inc. Battery Pack 型番DEP-004-IP6◆リチウムイオン電池◆3.82V 2200mA h 8.55Wh
 
 
10iPhone6交換用リチウムイオンポリマー電池2200mAh.jpg
  左:取り替えた電池(大容量2200mAh)   右:劣化した電池(容量1810mAh)
 
 
  
 
02iPhone6吸盤を使って液晶部を開ける.jpg
  
タッチパネルを開ける作業。
   
無理に引っ張り上げるのではなく、すき間にピックを入れてこじ開けます。
  
  
 
 
 
 
15iPhone6電池交換端子固定.jpg
  
バッテリーと本体を接続する端子
  
  
 
  
 
13iPhone6電池交換端子を曲げる様子.jpg
  
プラスチック製のヘラで「パチッ」と外します
  
  
  
 
 
 
 
11iPhone6充電池接続端子.jpg
  
iPhone6のバッテリー端子部分
  
  
  
 
  
 
12iPhone6充電池接続端子折り曲げ方法.jpg
  
バッテリーの端子が本体と合うよう、配線部をあらかじめ曲げておきます
  
 
  
  
 
 
 
 
 
03iPhone6バッテリー固定用両面テープの端部.jpg
  
作業の難所、粘着テープの剥離
  
最初にテープ端部を引っ張り出します
  
  
 
 
 
 
09iPhone6電池交換時の両面テープ剥離方法のコツ.jpg
  
ピンセットを使い、ゆっくりと引っ張りながらテープを剥がします
  
  
 
  
詳細は動画をご覧ください
  
 
  
  
  
 
 
 
 
 = = = = = = = =
  
  
 注意点は以上です。
 
 ご覧いただきありがとうございました。
 
 みなさまの作業の成功をお祈りします。
 
 Good Luck!
 
 
 
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 
 
<iPhone6バッテリー交換に関するサイト>
iPh one6だけでなく、iPhone6S、iPhone6Plusも作業は同じです。
 
 ・ iPhone6/バッテリー分解方法(分解工房)
 
 ・ iPhone6 バッテリー交換 写真解説(自分で修理.com)
 
 
  
  
 
<iOS11 バッテリー劣化&動作低下問題関連>
  
 
 ・ 【英語】Apple社による謝罪メッセージ「A Message to Our Customers about iPhone Batteries and Performance」(Apple)
 
 
 …3行目に「We apologize. 」と明記しています。劣化したバッテリーに対し、アプリの立ち上げなど瞬間的に負荷がかかって大電流が流れた際に予期せぬシャットダウンを防ぐため、動作速度を抑制しており、このためにアプリの立ち上げに時間を要するケースがあるとしています。
 
劣化したバッテリーは電池の内部抵抗が増加しているため、アプリの立ち上げ時のように負荷がかかって大電流が流れると電圧低下⊿V(=電池の内部抵抗R(Ω)☓電流(A))が大きくなり、シャットダウンの基準電圧を下回るリスクが高くなることから、このような制御を入れて電流を絞ることで電圧低下値を低減していると推測されます。
   
本文中には、最後に “Early in 2018, we will issue an iOS software update with new features that give users more visibility into the health of their iPhone’s battery, so they can see for themselves if its condition is affecting performance.
   
と書かれているので、2018年の早い時期に、バッテリーが劣化している場合にiPhoneの能力に影響を与えるかどうか視覚的に表示される機能がiOSのアップデートで導入される予定です。
   
なお、iOS11において電池の劣化により動作に制限がかかっているモデルは、 iPhone 6, iPhone 6 Plus, iPhone 6s, iPhone 6s Plus, and iPhone SE.です。電池の交換により能力が回復すれば、動作速度も上がると書かれています。
  
 
 
  
 
<リチウムイオン電池の取扱に関する当サイト内記事>
  
  
 
 
 
 
 
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
  
 
 
<Amazon> iPhone6以外に、iPhone4S、iPhone5、iPhone5s/5c、iPhone6 Plus,
iPhone6sの交換バッテリーも有り。
 
 
・iPhone6用 高容量バッテリー(工具付)  価格は2,780円
 
Deepro iPhone6 バッテリー 交換 キット 大容量 PSE準拠 2200mAh 取付マニュアル付 (iphone6 大容量)

Deepro iPhone6 バッテリー 交換 キット 大容量 PSE準拠 2200mAh 取付マニュアル付 (iphone6 大容量)

  • 出版社/メーカー: 株式会社ディープロ
  • メディア: エレクトロニクス
  
  
 
バッテリー単体だと安くなります。
  
・大容量タイプ  2,280円 
   
Deepro iphone6 交換用 バッテリー 大容量 2200mAh PSE基準 固定用テープ付き (iPhone6 大容量)

Deepro iphone6 交換用 バッテリー 大容量 2200mAh PSE基準 固定用テープ付き (iPhone6 大容量)

  • 出版社/メーカー: 株式会社ディープロ
  • メディア: エレクトロニクス
 
・標準容量タイプ  1,680円
Deepro iphone6 交換用 バッテリー 1810mAh PSE基準 固定用テープ付き (iPhone6)

Deepro iphone6 交換用 バッテリー 1810mAh PSE基準 固定用テープ付き (iPhone6)

  • 出版社/メーカー: 株式会社ディープロ
  • メディア: エレクトロニクス
 
 
・iPhone6(16GB) 中古品は15,000〜20,000円程度
  
Apple SoftBank iPhone6 16GB A1586 (MG482J/A) 16GB シルバー

Apple SoftBank iPhone6 16GB A1586 (MG482J/A) 16GB シルバー

  • 出版社/メーカー: Apple Computer
  • メディア: Wireless Phone
 
 
 
 
◆iPhone6の電池を自分で交換◆DIY感覚で電池交換◆通常の工作ができる能力があれば、電池交換はそれほど難しくない技術レベル◆金属ピンセットや金属ヘラによる金属部品との接触によるショートに注意◆粘着テープで張り付いた電池を無理やり引き剥がす時、バッテリー本体を引っ張ると捻って曲がる◆最悪の場合、電池内部でショートして大電流が流れ、発煙や発火の危険性あり◆バッテリーの液漏れが起きた場合、甘い有機溶媒の香りがする◆電解液が漏れると蒸発する◆電解液の成分:エチレンカーボネート、ジメチルカーボネート、プロピレンカーボネート、ジエチルカーボネート、EC、PC、DMC、DEC◆本体とバッテリーやタッチパネルを接続しているフレキシブル配線は断線しやすいので、強く引っ張ったり深く曲げたりしないように注意する◆吸盤でタッチパネルを引っ張る際、ホームボタン近くだと応力集中により割れやすいので注意する。できればコーナーに近い部分に吸盤を貼る◆バッテリーの交換は自己責任。Appleの公式な修理や街のショップでの修理を受け付けてもらえない場合もある◆


【レビュー】地デジの電波増幅で画面スッキリ! ・日本アンテナ・CS/UHF卓上ブースターVBC22CU [家電製品レビュー]


【地デジ電波対策】電波を増幅して地デジを見られるようにする方法

ipadでテレビを見るためにチューナーを購入して、テレビのケーブルを分岐させたところ、信号が弱くなって地デジが映らなくなってしましました。

キーワード:地上デジタル、デジタルチューナー、アンテナ、方向、電波の強度、天気、雷、電子レンジの電磁波、電子レンジの電波、ケーブルの品質、シールド


05UHFブースターVBC22CU.jpg
 
地上デジタルケーブルに増幅器を入れたところ、地デジが映るようになりました。
 
 
01卓上ブースター.jpg
 
CS/UHF卓上ブースターVBC22CU(日本アンテナ
 
 
 
 
 
ブースター取付前後の地デジアンテナ設定画面
  
08ブースターによる電波増幅.jpg
 
地デジのアンテナレベルが 34→58 にアップ[手(グー)]
 
 
 
 
09ブースター処理後の写真.jpg
 
テレビが映るようになりました[わーい(嬉しい顔)]
 
 
 
 
03VBC22CU日本アンテナ.jpg
ブースターは、コンセントにつないで使います。
 
 
 
04UHFブースターVBC22CU.jpg
 
裏側。入力と出力端子があります。
 
 
 
 
06地上デジタル電波増幅.jpg
 
接続した状態。
 
 
------------------------------------------------------------------------------------------
<Amazon>
・紹介した商品
 
日本アンテナ BS・CS/UHF卓上型ブースター VBC22CU VBC22CU

日本アンテナ BS・CS/UHF卓上型ブースター VBC22CU VBC22CU

  • 出版社/メーカー: 日本アンテナ
  • メディア: エレクトロニクス
・増幅器をライン中に接続するために必要なケーブル










【レビュー】iPad Pro9.7用カバー選び/透明ケース&カバー付き/マグネットのオートスリープ機能 [家電製品レビュー]

【iPadproのケースの選び方】Apple純正品のスマートカバー(SmartCover)は、値段が高い上、本体裏面のプラスチックケース部分がありません。カバーとケースが一体化していて、ゴールドのiPadpro9.7の色やリンゴマークを見せつつ、カバーのマグネットでオートスリープ機能が使える格安のケースを探した結果、AmazonでiPad Pro 9.7 ケース クリア ESR iPad Pro 9.7 カバー レザー PU スタンド機能 スリム傷つけ防止 オートスリープ ハード 三つ折タイプ iPad Pro 9.7 インチ スマートカバー (ギャラクシー グレー)を選びました。
17Appleのリンゴマークが見え.jpg
 
iPad Pro 9.7向けに、クリアケースとカバーが一体化したESRのカバーを購入
 
Apple純正のスマートカバーは高い(定価5,800円)ので、
サードパーティの製品を選んでみました。 
 
 
 
 
 
 
24iPadproケースの色調.jpg
 
 
iPad Pro 9.7インチ 装着状態 
 
中央左サイドに「ESR」の刻印 
 
 【蓋の機能】マグネットがついており、オートスリープ機能が働く◆ケース開閉時に、iPadがオン/オフ可能◆ON/OFF◆蓋は三角形に折りたためる。磁力によりくっつくため、開きにくい構造◆重さは170gで軽い。◆ケースはサウンドホール(スピーカーの穴)に対してぴったりはまるようになっている。スピーカーの穴とケースの穴のずれはない。◆ケースの端部はバリが取られており、ひっかかりがない
 
 
 23iPadproを付けたケース.jpg 
 
本体カバー部分は透明で若干濃いブラウンが入った色調。
 
カバーは明るめのグレー。
 ◆ボタンの部分にも突起がついており、ボタンの部分が保護されている。また、ボタン部の突起が出ているので、ボタン部分が孔が開いているだけのケースと比較すると、ボタンがたいへん押しやすくなっている。◆材質は、蓋部分がポリウレタンの不織布とシート(エンボス)、ケース部分がポリカーボネート。蓋部分は外側が革シボの模様がついており、内側はフェルト上の繊維となっている。◆サードパーティー製であるが、純正品と同等の仕上がり◆
 
25MacBook-AirとiPadproゴー.jpg 
 
色調の比較のため、MacBook Air 13インチとiPad Pro9.7を並べてみました
 
ケースをつけると、濃い目のゴールドに。
 
リンゴマークはハッキリ見えます。
 新幹線のテーブルにiPadproやiPad Air9.7インチを置いてみて、安定しているか?
 鉄道や飛行機の振動で、テーブルからiPadが落ちないか?
 01iPadPro_traintable.jpg
JRの特急列車のテーブルにiPadproを置いて動画を視聴
列車のテーブルに置いてみましたが、安定していて落ちる心配はありません。 
 新幹線やJRの特急列車の車内で動画を見られるiPad
 公衆Wi-Fiを経由して、電車の車内や飛行機の機内でiPadによる動画鑑賞を楽しめます。
 
02sideofiPadPro_train.jpg 
 
 サイドのアップ。折りたたむタイプのカバーは緩むことがありますが、こちらは端部に磁石が
ついているため、カチッとくっつく感触。カバーの折れ目の△が外れにくい設計。
 
 
 
 
 
 
 
01ipadpro_protectivecase_es.jpg 
 
製品の箱と検査証
 Protective case for iPad Pro 9.7 
 
スマートペンシル SmartPencil 
 
 
02ipadair_case.jpg 
 
iPad pro未装着のケース
 
 
 スタンド部分は倒れにくくなっているが、飛行機、新幹線、特急電車のように車内で使うには少し気を付けた方がよさそう。100円ショップ(100均)で売っているスタンドがあると安心。◆トータルとして、軽くて、価格が安く、作りが良い。◆蓋のラミネート部分は使っているうちにはがれやすいが、新品の時点ではしっかり熱融着されており、簡単には剥がれにくい工夫がなされている
 03イッピーカラー・ギャラク.jpg
 
エッジの部分にはバリがなく、丁寧な仕上げ
 
 
 
 
 
 
04ケースとカバーの接続部分.jpg
 
フタとケースの接続部分
 
 
 
 
 
09ポリカーボネート樹脂ケー.jpg 
  
ロット番号
 
 Apple Pencil◆アップルペンシル
 
 
 
05ケースのビニール接続部分.jpg
 
カバーの表面。
 
 
 
 
 
 
06ケースのラミネート加工断.jpg
 
ケースの表裏のラミネート部分
 
使っているうちに剥がれやすい場所ですが、きっちり密着されています。
 
端部は薄くてペラペラしています。
 
 
 
 
 
07プラスチック成形加工仕上.jpg
 
電源ボタンにはカバーがついており、飛び出ているので、ボタンを押しやすい設計
 
 
 
 
08ipadproケーススピーカーの.jpg
 
スピーカーの穴はひとつひとつ対応するタイプ
 
 
 
 
 

 
10ケースの透過具合.jpg
 
透明ケースは薄いブラウン
 
 
 
ESR・Yippee Series iPad Case 
11説明書.jpg
 
ケースの脱着方法
  
 
音量ボタン側のサイドをケースにはめてから、反対側の突起部をパチンとはめます
 
それほどきついわけではなく、適度に脱着可能な強さ。
 
通常使用時はまず外れることはありません。
 
 
 
 
 
 
 
12ipadpro用ケースのコーナー.jpg
 
バリがなく、きれいに仕上げられています
 
 
 
 
 
 
 
13ライトニングケーブル接続.jpg
 
 
少し余裕があり、幅のあるコネクターでも差し込み可能 
 
 
 
 
 
 
 
14スピーカーの穴部分アイパ.jpg
 
スピーカーの穴
 
ケースとスピーカー穴とのズレはありません。
 
 
 
 
 
 
 
15カメラ部分iPadproプラスチ.jpg
 
カメラ、フラッシュ、マイクの開口部
 
 
 
 
 
 
16iPadpro透明プラケース.jpg
 
17Appleのリンゴマークが見え.jpg
 
18ケースとカバーの色の比較.jpg
 カバーの色は灰色
カバーは明るいグレー。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
20iPadproケースのコーナー部.jpg
 
コーナー部分
 
 
 
 
 
 
 
21スマートコネクター・キー.jpg
 
Smart Keyboardと接続するSmart Connector端子
 iPad Proのカバーをつけたまま、スマートコネクターと接続は可能か?
 Smart Connectorの部分はオープンになっているので、そのままSmart Keyboard
接続できる設計になっていると思われます。(手元にないので未確認)
 
 
 
 
 
 
 
23iPadproを付けたケース.jpg
 
 
 価格はお手頃ですが、作りはしっかりしています
純正品は、背面のカバーとマグネット付きのフタ部分が別パーツになっている。◆Smart Keyboardが取り付けられるよう、接点部はケースが切り取られている◆TPU(熱可塑性ポリウレタン)とPU(ポリウレタン)のカバー◆ 
 
 

 


 

 

<関連サイト> 

 ・ iPad Pro (Apple)

 ・ ESR Case for iPad Pro(公式サイト) 

 ・ 9.7インチ iPad Pro用 Smart Cover(Apple) 

 ◆ESRのロゴが3カ所に入っているので、これが気になるかどうかが選ぶ際のポイント◆ゴールドのモデルには透明ケースの色調が合う。蓋は明るいグレーなので、この組み合わせをよいと思うかどうかが購入の決め手となりそう。機能面では問題なし◆開封時のプラスチックの臭気が気になるというアマゾンのレビューがあったものの、実際にはいやなにおいが感じられなかった。◆


 

 

<Amazon> 

・購入価格 1,560円(2017年2月時点) 


 

iPad AirとiPad Proはケースの形状(穴の位置)が若干違うので、互換性はありません。 

 
・iPad Pro 本体(2017年2月時点 62,700円) 
 


 中国 广东省 深圳市, 宝安区 西乡固戍梧桐岛10B栋5-8层

Electronic Silk Road Corp.

 
 
 アイパッドのケース・カバーの選び方◆アップル純正◆サードパーティー◆ESR◆韓国製◆中国製◆アマゾン ESR Case JP STORE◆透明なプラスチックのケース◆iPad Pro/ iPad Airの背面のリンゴマークが見えるように、透明なケースを探しています◆ケースは薄いこげ茶色。シルバーやグレーのiPad Proでも問題なし◆裏側のポリカーボネート製透明ケースは、指紋防止のため、つや消しのマット状の仕上げ◆
 
 
 【iPad Air とiPadProのどちらを買うのが良いか?】iPad ProとiPad Airの違いは、CPUの性能、画面の質(iPadProの方が映り込みが少ない)、スピーカーの数(iPadProは上下面にスピーカーがあり、ステレオ効果がアップしている。また、本体が振動することもありません)など。価格の点ではiPadAirの方がお得ですが、長く使えることを考えると、iPadProを選択するのも良いと思います。
 

【LINEモバイル レビュー】中古iPhone6 で月額620円のLineモバイル(データ+SMS)/格安のラインモバイルを使ってみました [家電製品レビュー]


 【実録レビュー】LINEのトーク・無料電話・ビデオ通話が月額500円で無制限に使い放題!ガラケーとLINEモバイルのiPhoneを併用して月額料金を節約しながらLINEを活用◆LINE通話やライン動画が使い放題◆フェイスブックやツイッターも無料サービスあり◆格安スマホの業者(MOVO)の選び方◆料金と通信スピード◆通信スピードの速い業者は?◆07ガラケーとiPhone6.jpg
中古のiPhone6(Docomo)を入手して試してみました。ガラケー 
15年間ガラケーを使い続けてきましたが、友人や中学校関係者との連絡でLINEを使う機会が増えてきました。
NTTドコモが、フィーチャーフォン(いわゆる、ガラケー)の料金を10月中に値下げすると日本経済新聞が2016年10月5日付の朝刊に掲載 →ガラケーから格安SIMを使った格安スマホへの利用者の流出を懸念したものと推測。
 
スマホに機種交換する手もあるのですが、月額8000円近くかかるらしく、我が家の通信料が一気に上がるのはちょっと困ります・・・[ふらふら]
  
使い慣れたガラケーのメールアドレスを強制的に変更する必要があるのも面倒・・・。 
 
とはいえ、出先でLINEが使えないと不便なので、「ガラケー+格安SIMを入れたスマホ」の2台使いの組み合わせを検討することに。
 
自宅ではNTTフレッツ光を使っているので、「外出時にLINEやちょっとした調べ物ができれば良い」という環境が前提条件です。ガッツリと動画を観るのは、自宅WiFi限定ということで。
  
  
LINEを主体で使うのであれば、月額500円の最安料金から始められる「LINEモバイル」が良さそう[わーい(嬉しい顔)] 
 
離れて暮らしているいる家族とのおしゃべりのため毎日Skypeを使っているので、LINEのビデオ通話(無料)をスカイプ代わりに使いたい、という希望もあります。
 
いろいろと調べていくと、2016年9月にサービスを開始した LINEモバイル であれば、LINEのトークだけでなく、無料通話(電話)やビデオ通話の通信料も使い放題!! なので、我が家のニーズに合いそう。
  
 
もうひとつのこだわりは、「iPhoneを使いたい!」
  
  
画面が美しく、電池の持続時間が長い iPhone6 を仕事で使っていて、たいへん気にいっています。
おそらく、iPhone6で一通りの機能は完成したと考えています。
 
そこで、LINEモバイルでもiPhoneを使いたいのですが、残念ながらLINEモバイルにはAndroidスマホの設定しかありません。
 
そこで、自分で新品か中古のアイフォンを調達する必要があります。
  
 
 
2016年10月時点で最新のiPhone7は小型の4.7インチ版で72800円(32GB)、大きい5.5インチ版で85,800円(32GB)となります。(Appleストア
  
ドコモAUのスマホ購入時のように24ヶ月分割払いにすると、それぞれ6,066円/月、7,150円/月とかなりの負担に・・・[ふらふら]
  
  
 
 
一方、中古のiPhoneは流通量が多く、さらにAppleストアで電池交換や部品交換に応じてもらえるメリットがあります。先日、5年間使ったMacbookAirの電池を16,000円で交換しましたが、動作の遅さを感じることもなくサクサク動くので、Apple製品は長期間使えてコストパフォマンスが高いと感じています。
  
  
そこで、中古のiPhone6(16GB)とLINE モバイルの組み合わせで初期投資を抑えつつ、「iPhoneでLINE使い放題」のプランにトライしてみました。プランは音声通話を入れず、音声通話のみ。
 
電話番号だけでメッセージをやり取りできるサービス(SMS)機能を入れたかったので、データ+SMS(月620円)プランを選びました。
 
これがあると、通話はできなくても携帯電話番号だけでメッセージを入れることが可能になります。
 
この機能が不要であれば、最安は月額500円です。SMSサービスに加入すると待ち受け時の電池消耗を抑えられる場合もあるようです。SMSサービスがないと、圏外と認識されて待ち受け時の電池消費量が増えるスマホもあるようです。
LINE無料電話で電話代わりにも使えますので、LINEユーザーであれば通話もできます。
 SMSとは、相手先の電話番号だけで約70文字前後のメッセージが手軽に送受信できる、ショートメッセージサービス。 ドコモ(docomo)、au、沖縄セルラー電話株式会社、ワイモバイル(PHS含む))と送受信が可能。 
  
  
 
●LINEモバイルは最安か?
 
LINEモバイルについて検索すると、LINEモバイルと他の格安SIMを比較したサイトがたくさん出てきます。
  
記事によれば、LINEモバイルは必ずしも最安のサービスとはいえないのですが、将来的に子どもに持たせることを想定した場合、LINEモバイルを使うと「i-フィルター」(有害サイトフィルター:月額500円)が無料で使えるサービスがついてくるので、トータルコストで安くなると判断しました。
 
 
 出会い系、SNSによる被害、高額請求などネットの危険から大切なお子様を守るフィルタリングサービス:アプリの導入により、無料で利用可能
  ※利用者が18歳未満の場合は、フィルタリングアプリの利用は義務です。フィルタリングアプリを利用しない場合は親権者の同意が必要となります。
  
●秋葉原で中古iPhone6(Docomo仕様)を入手 
 
 
現物を触りながら中古アイフォンを選びたかったので、秋葉原に出かけました。
 
スマホの条件は「iPhone6」+「Docomo もしくは SIMフリー」+「16GB」
 
AUやソフトバンクのiPhone6は使えないので注意してください!! 
 
 
 
音楽や動画を保存したい方は、容量の大きな64GBモデルや128GBモデルを選ぶ方がいいようです。 
 
LINEモバイルの公式サイトでは、iPhone6(Docomo)の動作確認記載がなかったのですが、人柱として試してみようと思い、エイヤッと購入してみました。(動作確認済み端末(LINEモバイル)
 
 
秋葉原でよく見かける「じゃんぱら」や「ソフマップ」を回りました。こういったお店では、動作不良時に返品保証があるので、安心です。
 
 
 
中古iPhoneは通販でも購入可能。
  
AmazonでiPhone6を検索すると、価格帯は新品で55,000~70,000円、多少難ありだと30,000円~42,000円のようです。 (→Amazon キーワード「iPhone6+中古+Docomo」


UQモバイルやmineoなど一部au回線利用MVNOがあるが、残りはみなドコモ系MVNOを利用。ソフトバンク系のMVNOはない。◆LINEモバイルは、ドコモ系MVNOを利用。SIMカードもNTTドコモのSIMカードとなりますので、利用端末がドコモ製スマートフォンであれば、SIMロック解除不要で利用できるようになります。中古のスマホであっても、ドコモ系のスマホであれば利用できます。(ただし、業者のホームページで機種の使用可否を確認する必要があります)

◆格安アンドロイドスマホの問題点◆1万円台の格安スマホとセットで格安SIMと組み合わせて使う方法もありますが、格安スマホでは「アプリの起動に時間がかかる」「アプリを複数立ち上げると、アプリが落ちる」「動きが緩慢でモッサリしている」といった課題を抱えている場合があるので、注意が必要です。アイフォンは多少古いモデルでもそこまで動作に問題があることは少なく、アプリを複数立ち上げても安定している点が強み。
 
02iPhone6シルバー中古ソフマップ.jpg
 
ソフマップで条件に合うiPhone6を発見。 iPhone6(Docomo)16GB。
背面に薄い凹みあり、箱なし、イヤホン欠品ですが、その分安くて37,600円。
 
03中古iPhone購入領収証.jpg
 
領収書
 
【SMSサービスの引き継ぎ】ショートメール(SMS)のサービスは、番号を引き継ぐと以前使っていた電話機やスマホでは使えなくなるはずですが、場合によっては通話はできなくてもSMSは以前のスマホに通知される場合があるようです。
 
 
 
 
01Simが必要ですiPhone6設定.jpg
  
電源を入れると SIMカードが入っていないので、アクティベートができません。
  
  
事前にSIMカード(ナノタイプ)を入手しておく必要があります。
 
 
LINEモバイルでは、ネット経由で申し込む必要がありますが、対応は非常に早く、土曜日に申し込んで翌々日に届きました[わーい(嬉しい顔)] 
 
 
 
 
 
01linemobile_simcard.jpg
  
マニュアルとSIMカード
  
 
 白ロム◆赤ロム◆ LINEモバイル
 
 
02白シムlineモバイルナノSim.jpg
  
SIMカード。これをiPhone6に挿入すると、すぐに使えるようになります。
  
設定時には、WiFi経由でインターネットに接続している必要がありますので、ご注意。 
  
  
 
 
 
 
03iphoneLINEモバイルSim挿入.jpg
  
APN設定(通信設定)を行います。
  
SIMカードを挿入し、マニュアルにしたがってソフトをインストール。
  
 
 
  
  
05LineモバイルAPNインストー.jpg
  
LINEモバイルAPNのインストール画面
LINEモバイル用のAPN構成プロファイル◆モバイルデータ通信設定 
  
 
 
 
 
06LINEモバイル開通LTE.jpg
  
認識されると、「WiFiマーク」→「LTE」に表示が変わりました。
  
5分弱の設定で、すぐ使用可能状態に。 
  
 
 
なお、申し込んだ月の利用料金は無料。
 
翌月から引き落とし開始となります。 
   
 
 
 
08LINEモバイルでiphone6doco.jpg
  
ガラケー+格安スマホ(iPhone)の設定が終了しました[手(グー)]
 
  

LINEの年齢認証が格安SIMでも利用できる◆LINEモバイルでは、201610月時点ではLINEミュージックの利用に関してアナウンスされておりませんが、いずれ安く利用できるサービスが発表されるのではないかと期待されます。◆オプションとして、有害サイト(フィッシング、アダルト他)のアクセス制限、インターネットへのアクセスサイトや時間を管理できる「iフィルター」が無料で利用できるオプションが全員についてきます◆IP

電話としてラインのアプリを利用した通話が可能。通話の音質は通常の電話と変わりません◆

LINEのビデオ通話の通信量:270450MB/h(1時間当たり)、LINEの音声通話の通信量:18MB/h(1時間当たり)◆





 09lineモバイルマイページ.jpg
  
LINEモバイルのマイページで通信データ量を確認。
  
前月余った容量が翌月繰り越しでカウントされています。
 
 
  
 
  
10LINEモバイル利用データ量.jpg
 
  
iOS 10にアップデートしたところ、125MBを消費しました。
 
iOS 10でも動作が遅くなることなく、快適に使えます[手(チョキ)] 
  


LINE・フェースブック(Facebook)・ツゥイッター(Tweeter)利用無制限のメリット】



容量を気にすることなく利用できるというのは、心理的なストレスが少ないメリットがあります。容量制限があると、どうしても利用に対してブレーキがかかりますが、容量がフリーであればこういった気苦労がありません。むしろ、スマホ中毒にならないよう自戒が求められます。◆ラインの無料動画の利用法:離れて暮らしている家族との会話、飲み会や結婚式、同窓会、スポーツイベントに参加できない人へのライブ中継、友人とつないで一緒に勉強する、といった使い方が考えられます。◆



 

 
 
 ・参考にさせて頂いたサイト
 
 
 
 
 → 他の格安スマホ業者との比較、LINEモバイルで利用できるサービスについて丁寧に比較されており、
   たいへん参考になったサイト。オススメです!
  


OCNモバイルONEIIJmioは、MVNOでありながらMVNEも自社で運営しており、他社MVNOへのシステム提供をも行っているのです




【格安SIM業者】OCNモバイルONEIIJmio、楽天モバイル · Mineo(マイネオ) · NifMo(ニフモ) · Biglobe(ビッグローブ)


 
・関連サイト
 
 
 
 
・関連記事
 
中古のiPhone6は電池が劣化しているケースが多いため、電池を交換する可能性が高いです。Appleの保証対象外となるリスクはありますが、自分でバッテリー交換すれば2,000円前後の費用で電池性能が購入時と同じ状態に戻ります。iPhone6の機能であれば、ゲームのように負荷のかかるアプリを使用しない限り不自由を感じないので、バッテリーを交換して長く使い続けるのも手です。
 格安スマホ◆端末◆料金プラン◆ランキング◆AU◆アイフォン◆iPhone◆イオン◆格安スマホとは?◆
◆特に女子高生(JK)にはiPhone人気が高いので、格安スマホとアイフォンを組み合わせた提案は魅力的◆中学生や高校生にはアイフォン(iPhone)の人気が高い。◆
 
 

 
<Amazon>
ア マゾンや楽天で中古アイフォン中古iPhoneを購入◆通販のリスクはあるか?◆
 【iPhone6 16GB ゴールド】  新品 43,000円、中古34,800円から (2016年10月)
Apple docomo iPhone6 A1586 (MG492J/A) 16GB ゴールド

Apple docomo iPhone6 A1586 (MG492J/A) 16GB ゴールド

  • 出版社/メーカー: Apple Computer
  • メディア: Unlocked Phone
 
 
 
  
 【iPhone6 64GB シルバー】  新品 56,700円、中古37,000円から (2016年10月)
 
Apple docomo iPhone6 A1586 (MG4H2J/A) 64GB シルバー

Apple docomo iPhone6 A1586 (MG4H2J/A) 64GB シルバー

  • 出版社/メーカー: Apple Computer
  • メディア: エレクトロニクス
   
 
 
 【iPhone6 128GB シルバー】  新品 64,000円、中古39,000円から (2016年10月)
 
Apple docomo iPhone6 A1586 (MG4C2J/A) 128GB シルバー

Apple docomo iPhone6 A1586 (MG4C2J/A) 128GB シルバー

  • 出版社/メーカー: Apple Computer
  • メディア: エレクトロニクス
 

◆格安スマホよりもiPhone!格安SIMiPhoneを使用する方法◆

LINEモバイルには、フィーチャーフォン(ガラケー)からスマホへの移行を促す役割も期待される。理由は、若年層だけでなく、50代のスマホユーザーも、LINEを利用する割合が男性で約8割、女性では約9割以上と非常に高いため。日本は人口高齢化の影響もあって、端末利用が難しそうで(パソコンのイメージ)、かつ月額料金の高いフィーチャーフォンからスマホへの乗り換えが進みにくく、スマホの普及率が5割程度にとどまっている。そうしたことからLINEモバイルが、LINEをキーとしてシニアのスマホ利用拡大につながっていくものと期待されている。シニアに対しては、LINEの無料動画機能を利用してスカイプのテレビ電話代わりに無制限利用機能を利用することも考えられる。また、中高生のように月8,000円程度の高額なスマホ利用料金を負担するのが難しい世代に対しても、格安スマホとラインモバイルの低廉な料金設定を組み合わせることで、利用のハードルを下げる効果が期待できる。◆




前の10件 | - 家電製品レビュー ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。