SSブログ

【レビュー】128GB 専用SDカードでMacBook Airの容量を増設◆JetDrive Lite130(トランセンド) [MacBookAirを買ってみました]

【MacbookAirの活用】マックブックエア13インチモデルやマックブックプロのSDカードスロットを有効活用して、マックブックの容量をアップ!新型モデルであれば、読み込み・書き込み速度が高速なので、より効果的!Read95MB/s、Write60MB/s以上!

19Jetdrive_apperance.jpg



Macbook AirのSDカードスロットを利用した容量アップ用に、トランセンドの「JetDrive Lite130」を導入してみました

128GBの容量アップなので、内蔵のSSD容量(128GB)と合わせて倍になりました!




写真のように、SDカードが飛び出さず、かつ簡単に引っこ抜けない構造。

なお、使用モデルは少し前のLate2011モデル。

?【データ容量アップのメリット】①本体内蔵SSDの容量を空けられるため、動作が速くなる、②SDカードスロットからのゴミ・ホコリの侵入防止、③音楽、動画、写真ファイルを大量に保存できる

18MBA_desktop.jpg

デスクトップ上では、SDカードとして認識されます。



Amazonのレビューでは、「時々認識されなくなる」というレビューが有りましたが、4ヶ月ほど使用した印象では、スリープ後の復帰でも認識されなくなる問題はありません。

ただし、放置して充電池の容量が0%になって停止した場合は、再起動しないと認識しません。



Amazonのカスタマーレビューで「ディスクユーティリティを使ってJetDrive130をMac標準のフォーマット:Mac OS拡張にフォーマットにすると内蔵ディスクと認識される」と紹介されていたので、実際にやってみました。

動作は安定していて、読み書きのタイムラグも気にならず、かなり快適です!






iPhoto、iMovie、iTunesのデータ保存先に指定したので、内蔵SSDの容量がかなり空きました。

またTimeMachineでデータ保存のバックアップ対象に設定できます。











<ディスクのジャーナリングの方法>



01diskutility_application_m.jpg


「ユーティリティ>ディスクユーティリティ」を選択






02journaring_mac.jpg


SDカードを選択して、「MacOS拡張(ジャーナリング)」を選択

















05SD_macbookair.jpg

通常のSDカードを刺した場合、写真のようにはみ出してしまいます。

なぜはみ出さないかというと・・・













15JetDriveLite_comparison.jpg
16JetDrive_back.jpg

寸詰まりのSDカードとなっているためです

左側がJetDrive Lite。右側は通常サイズの64GBのSDカード。











17JetDriveMBAslot.jpg

はめ込む場合は、通常のSDカードを挿入する場合と同じ

いったんはめてしまうと、爪を立てない限り外しにくいです。
(まだ一度も外したことがありません・・・[あせあせ(飛び散る汗)]


?
?
?トランセンド Transcend JetDrive Lite130 expansion Card for Macbook Air 13"
?
?
?
?

11JetDriveLite130_128GB_pac.jpg

12transcend_jetdrive130_bac.jpg

JetDrive Liteのパッケージ





14transcend_warranty_card.jpg

同梱の保証書。永年補償(Lifetime Warranty)の文字。






【SDカードリーダーの選び方】最近ではデジタルカメラ[デジカメ]の画素数増加により、SDカードに記録される写真1枚当たりの容量が大きくなっています。そのため、高速のSDカードをパソコンに素早く保存するために、読み書きの速度が速いUSB3.0対応のSDカードリーダーがあると便利です。◆マック(Mac)でも最新のMacbookAirではUSB3.0が導入されました。基本的にはウインドウズ(Windows)でもマッキントッシュでもSDカードリーダーを共有可能です?

08usbcardreader_SDXC.jpg

USBカードスロットが埋まってしまったので、USB3.0に対応して高速で読み書き可能なSDカードリーダー(Anker Uspeed USB3.0 マルチ・イン・ワン 高速カードリーダー)を購入。ウインドウズとマックの双方に対応。

 

 

2011年のMacなので、もう使い始めて4年が経ちましたが、動作が遅くなることなくまだ快適に使えます。

JetDriveで容量が増えたので、さらに使い勝手が良くなりました!

。◆最近では複数のカードスロットを備えたUSB3.0対応のSDカードリーダーが発売されています。◆また、WiFiを経由してデータをやり取りするタイプのSDHCカードリーダーもあります。通信速度の観点では、USB対応のカードリーダーの方が有利であり、高速です。◆SDカードは抜き差しすることに由来してデータが消えたりエラーが生じたりするケースがあります。特にデータを読み書きしている最中にカードを無理やり抜いたりすると、エラーの原因となります。◆破損したSDカードを復元させるサービスもあります◆エラーが生じるようなったカードについては、フォーマットすることでエラーが解消することがあります





<Amazon>

 

 

<<MacBook Air(13インチ)(マックブック・エア用)>>

・MacBook Air(2010年以降 生産分対応) 価格:11,000円台   128GB



 

 

 <<Macbook Pro(マックブック・プロ用)>>

 

 ・Macbook Pro 13インチ用(2012~2013年生産分対応)  価格:11,000円台  128GB



 

 ・Macbook Pro 15インチ用(2012~2013年生産分対応)  価格:11,000円台  128GB



 

 

 ・Macbook Pro 15インチ用(2013年以降生産分 対応)  価格:11,000円台  128GB



 

 

 

・ SDカードリーダー   価格1,500円台



 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

?

?PNY StorEDGE Fit SDスロット disk for MacBook Air, Pro (128GB)Nifty MiniDrive Air (4GBマイクロSDカード付属) シルバー MD3-RP-AIRSR4G◆isDA100

?【注意点】場合によっては、MacbookAir本体のSDカードスロットとの接触に問題があり、使用中にJetDriveが認識されなくなることがあるようです。

?

 

 



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。